今回はトラ班・ワシ班それぞれの班キャンプをお届け。

ワシ班は3月19日から21日まで多摩のキャンプ場で。トラ班は19日から20日まで拝島自然公園で。スカウトには『唯一、ホームページに載らない活動』が班キャンプだから楽しんで!といっていきました。

が、隊長たちが様子を知っただけではダメだ!折角なのだから、1,2枚の写真位は…と思い、夜の見回りの際に撮った写真を掲載します。

 

もちろん、班長が指揮を執り、班員みんなで計画したキャンプです。石橋隊長とセヌマ副長がワシ班のキャンプに見回りしたのは初日の夜。これから夕食の餃子を作ります!という所でした。 班長はウクレレを持って焚き火を見ながらポロポロと弾いており、班員たちは餃子の餡造りをしていました。

   風も無く、気温も暖かで過ごしやすく、雨の気配もないので、彼らのキャンプが羨ましく思いました。


 

トラ班は拝島自然公園。前回と同じキャンプ場です。見回りに着いた途端1名のスカウトが用事があるということで帰宅したので、写真は3名。

「打って変わって」という印象(笑)夕食を食べ終わってまったりしている時に押し掛けました。写真撮るぞ!と声をかけるとこの有様です。テントの中でトランプをしたりと楽しそうでしたよ

トラ班は20日に、ワシ班は21日帰って来ました。両班とも、疲れた顔をしていましたが、明らかに前回の班キャンプ後とは違った印象を受けました。キャンプという環境に慣れて、自分のペースをはっきり掴んで自覚、成長しており、新しくボーイ隊に上進するカブのみんなを迎える準備が出来たと思います。

 

班員を支える班長すごい!自分の役割はわかってきちんと果たそうとする班員立派!


 

昭島一団のボーイ隊と言えば、太古より、トラ班とワシ班の2つ。シロクマなど、例外はあったようですが、、、。昭島一団の指導者は昭島でボーイスカウトを経験している人が多いのが特徴。
【トラはアホ。ワシは優等生。】

こんなジンクスが昭島一団に確立しつつあります。
『隊長ってトラだった?ワシだった?」
昭島のスカウト上がりの指導者に聞いてみるのも面白いかもしれませんね。

 

ちなみに、セヌマ副長はワシ班!